ページ内を移動するためのリンクです

日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト

DX-CO・OPプロジェクト

組合員の新しいくらしの実現を目指す、生協の横断的な取り組み「DX-CO・OPプロジェクト」

日本生協連は、コープ東北サンネット事業連合、コープデリ連合会、東海コープ事業連合と4者共同で組合員の新しいくらしの実現を目指す、生協の横断的な取り組み「DX-CO・OPプロジェクト」を推進しています。
日本生協連は、2020年6月に採択した「2030年ビジョン」のひとつ、「生涯にわたる心ゆたかなくらし」に向けた具体的なテーマの中に、「ICTによる事業・活動でのデジタル変革の推進」を掲げています。この取り組みを進めるため、2020年3月より、4者共同で生協のデジタルトランスフォーメーションを目指す「DX-CO・OPプロジェクト」に取り組んでいます。

「DX-CO・OPプロジェクト」 3つのコンセプトと具体的施策

コンセプト 1 家族との豊かな関係構築を支援するパートナー

デジタル中心の生活者に向けた、あたらしいくらしの実現

献立を考えるところから、食材購入、調理、食事、後片付けといった一連の流れの中での不便さを解消し、時間的なゆとりを生み出すだけでなく、家事の習熟度にあった献立提案や自分に合った商品を探しやすくすることで、ゆとりあるくらしを実現します。
また、将来的には、事業横断的なID管理を行うことを目指します。これにより組合員は、一度お住まいの地域の生協などに加入すると、その後引っ越しをしたり共済・福祉・介護などのサービスに加入する場合でも、同じIDを引き継いで使えるため、脱退・再加入などの手続きが不要になります。

勤務先での空き時間に、
献立から必要な食材を注文できるように

具体的施策例

  • おすすめのレシピや一週間分の献立をAIが提案し、一括で必要な食材を注文できる仕組みを実現
  • 自分にあった商品をAIが選んでくれる仕組みを実現
  • 店舗でも宅配でも好きな時に好きな方法でお買い物ができ、多様な決済手段を実現
  • 世帯ごとではなく、個人ごとのID管理で、ひとりひとりに合ったサービス提供を実現
  • 関係する2030年ビジョン:「(1)生涯にわたる心ゆたかなくらしを実現」

現在の進捗(2022年5月現在)

【コープシェフ】レシピから宅配注文ができるWebサービス
・コープ東北サンネット事業連合、コープ北陸事業連合、コープ中国四国事業連合の各会員生協にて導入

【コープアプリ】組合員を世帯ごとではなく、個人ごとのIDで識別できるアプリ
・コープ東北サンネット事業連合、コープ中国四国事業連合の各会員生協にて導入

【利用者配布】AI予測に基づく宅配カタログ配布効率化の取り組み
・コープ東北サンネット事業連合の各会員生協にて実証実験中

コンセプト 2 流動的な地域共同体のプロデューサー

趣味や関心でつながる地域の活発なコミュニケーションを後押し

SNSを活用することで、毎回同じ時間に固定のメンバーで集まるのではなく、好きな時間に興味のあるトピックを選んで集まれるような、流動的なつながりを地域で持つことを支援します。
さらに、組合員同士のつながりから、助けがほしい時に手を借りたり、自分の空いた時間に自分の能力を活かして手助けをしたりする仕組みを整えていきます。

組合員が託児を担い、地域で子どもを育てる仕組み(みやぎ生協)。今後、組合員同士が助け合う仕組みを整備

具体的施策例

  • SNSを活用し、地域のつながりをデジタル上で実現する仕組みを提供
  • 食への関心やライフスタイルが似ている方々に生協の食材提案を行い、興味関心でつながり合いながら生協に関心を持っていただく
  • 関係する2030年ビジョン:「(2)安心してくらし続けられる地域社会」

現在の進捗(2022年5月現在)

新しい時代の新しいつながりづくりとして、Web上から気軽に組合員活動への参加が出来るサービスを検討中。プロトタイプ版での実証実験中。

コンセプト 3 安心して生協のサービスを利用いただくためのサポーター

配送コースの最適化と組合員へのサービス品質向上

配送コースを最適化するシステムを実現することで、なるべく効率的な配達を行い、職員の負担を減らします。また、配達担当の業務効率化を図るとともに、組合員との対話の時間を創出することで、組合員にとっても安心して宅配サービスを使い続けることができる環境を生み出します。
配達担当の力量に応じた作業指示とアドバイスを行う仕組みを提供することで、早期の能力向上と、サービス品質のムラを極力なくします。

組合員へのサービス品質向上に
つなげるためにAI技術を活用

具体的施策例

  • 配達担当への作業指示とアドバイスを行う仕組みを実現
  • 配送コースを最適化する仕組みを実現
  • 関係する2030年ビジョン:「(4)組合員と生協で働く誰もが活き活きと輝く生協」

現在の進捗(2022年5月現在)

AIを活用することで、より生産性の高いコース設計を行う【配送コース最適化】を検討中。
コープあいちでは実証実験をおこない、実際にコースを確認しながら配達時間や走行距離の短縮効果があるかを検証。その結果、配達コース数13.6%、総配達時間15.0%、総走行距離9.7%削減を実証。結果を踏まえて効果や課題を精査し、導入に向け検証中。