ページ内を移動するためのリンクです

日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト

2019年03月28日

「CO・OP共済2019ワールドパラノルディックスキーワールドカップ札幌大会」で、日本生協連が応援する日本チームの選手が活躍しました。

 日本生協連は、2006年から「パラノルディックスキー日本チーム」をチームスポンサーとして支援しています。「パラノルディックスキー日本チーム」は、日本障害者スキー連盟のメンバーを母体に結成されている日本代表チームで、クロスカントリースキーとバイアスロン競技に取り組んでいます。

 2019年3月12日から17日にかけて、「CO・OP共済2019ワールドパラノルディックスキーワールドカップ札幌大会(以下、札幌大会)」が開催され、世界13カ国から61名の選手が参加しました。日本生協連は本大会の冠スポンサーとなったコープ共済連やコープさっぽろ、おかやまコープとともに協賛と応援を行いました。

 大会では、日本チームの川除大輝選手(富山県出身)が、クロスカントリー(ミドル・フリー)10kmで金メダルを、同(ショート・クラシカル)5kmで銅メダルを獲得しました。

 

announce_190328_01_01.jpg

金メダルを掲げる川除選手(中央)、CO・OP応援食クッキーを掲げる荒井日本代表チーム監督(右)、大会アンバサダーのコーすけ(左)

 

川除選手は「CO・OP応援食クッキー」で活動を支援している障害者ノルディックスキー日本ジュニアチームに所属しています。 

 

announce_190328_01_02.jpg

コープ共済連、日本生協連による応援団

 日本生協連は、今後も「パラノルディックスキー日本チーム」の活躍を応援してまいります。