「布ネックレス」を被災地へ送りました(エフコープ)

2012年6月26日

efu nuno neckless2.jpgエフコープの大里区域委員会では、5月8日、みやぎ生協に「布ネックレス」をお送りしました。

「布ネックレス」とは、糸や針を使わず、簡単にできるアクセサリーです。今回、エフクラブ(組合員の活動グループ)“コスモスクラブ”の皆さんの協力で、この布ネックレスを「キット」にしたものを50組用意しました。また、「パッチワークなどに利用できるかもしれない」と思い、寄付していただいた布も一緒に送りました。お茶会用のお楽しみにと、九州のお菓子なども入れました。

efu nuno neckless1.jpg早速みやぎ生協から届いたお礼の連絡によると、何かを手作りすることを、皆さんさんとても楽しみにされているとのこと。やっと暖かくなってきて「おしゃれして外へでかけたいね」と話されていたところに「布ネックレス」キットが到着し、あまりにもグッドタイミングだったので、「どこかで見ていたかのようね」と話されていたそうです。お菓子は、気仙沼の子育て広場のおやつに間に合い、子どもたちも喜んでくれました。 

詳細は、エフコープのホームページをご覧ください。