ページ内を移動するためのリンクです

日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト

2012年12月20日

「と畜場施行規則等の改正案」に関する意見書を厚生労働省に提出しました

 日本生協連は、2012年12月19日、厚生労働省がパブリックコメントを募集している「と畜場施行規則等の改正案」に関する意見書を提出しました。

<日本生協連の意見の概要>

1.特定部位の範囲および検査対象月齢の見直しについて
 国内では2003年以降の出生牛からBSE陽性牛が確認されていないことから、現時点での科学的な知見に基づく検討の結果として理解できます。

2.丁寧なリスクコミュニケーションの実施について
 消費者にはリスクの変動やそれに伴う対策見直しの妥当性などの情報が十分に伝わっておらず、リスクコミュニケーションの充実を求めます。

☆日本生協連が厚生労働省に提出した意見書は、こちら(PDF:127KB)
☆厚生労働省のパブリックコメント募集詳細は、こちら