みやぎ生協・組合員理事さんからのお便り

2012年2月10日

みやぎ生協理事(仙台ボランティアセンター長)
高橋 朋子さん

〜「ふれあい喫茶」を通して、避難された方々とボランティアとの交流の輪を広げています。
今後も、皆さんとともに歩めるように、「笑顔の増える」活動をすすめていきたいです。〜

みやぎ生協仙台ボランティアセンターは、仙台市、多賀城市、塩竈市、七ヶ浜町、松島町のエリアで活動しています。
行政や社協(社会福祉協議会)・NPOなどと連携しながら、仮設住宅でのコミュニティづくりの支援をすすめています。

◇初めの一歩から二歩へ

仙台ボランティアセンターの初めての活動は、みやぎ生協店舗のすぐ近くに開設されていた避難所での「ふれあい喫茶」でした。
長い避難生活の苦労話をじっくりとお聞きし、避難されている方々の心に寄り添うことに努めました。
その後、仮設住宅へと場所を移し、「ふれあい喫茶」の定期開催を行うなど、継続した活動となっています。
また、この場所でのふれあい喫茶は、当時一緒に避難生活をされていた方がボランティアとして参加する機会にもなり、「あの時お世話になったので、ずっと会いたかった。会えて嬉しい」と、絆をつなぐ一助となることができました。

つづき・全文はこちら