ページ内を移動するためのリンクです

日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト

生協が目指すもの

日本の生協の2020年ビジョン

私たちは、人と人とがつながり、
笑顔があふれ、
信頼が広がる新しい社会の
実現を目指します。

私たちは、協同組合のアイデンティティに関するICA声明と生協の21世紀理念「自立した市民の協同の力で 人間らしいくらしの創造と 持続可能な社会の実現を」を生協の事業・活動に貫きます。

私たちは、安心・信頼を育む協同の社会システムとして、協同して助け合い、分かち合う協同組合の価値を広げます。地域の誰もが参加できる生協を目指して生涯を通じて利用できる事業・サービスを創り上げ、2020年にはそれぞれの地域で過半数世帯の参加を目指します。平和で持続可能な社会の実現に向けて、積極的な役割を果たします。失われつつある人と人のつながりを新たに紡ぎ、くらしに笑顔があふれ、一人ひとりが人間としての尊厳と個性を大切に、信頼して助け合う消費者市民社会の実現を目指します。

私たちは、地域の行政との連携、協同組合間の提携、消費者団体やNPO・NGOなどとのさまざまなネットワークを広げながら、地域社会づくりに積極的に参加します。

ビジョンを実現するための5つのアクションプラン

日本の生協の2020年ビジョン
(PDF/6.82MB)

生協の21世紀理念

自立した市民の協同の力で
人間らしいくらしの創造と
持続可能な社会の実現を

国際協同組合同盟(ICA)は、1995年のICA 100周年記念マンチェスター大会にて、「協同組合のアイデンティティに関するICA声明」を採択し、「協同組合の定義・価値・原則」を定めました。
これを受けて、日本生協連と全国の生協は、1997年に「生協の21世紀理念(PDF:398KB)」を策定しました。この理念は、何よりも人々の幸せを大切にして行動するという、生協の変わらぬ信条と未来への展望を、凝縮させたものです。