ネオニコチノイド系農薬に関する調査結果と日本生協連の考え方

2014年5月21日作成

ネオニコチノイド系農薬は、幅広い害虫に効く・植物に吸収され植物そのものが殺虫効果を持つ(浸透移行性)・ヒトへの毒性が比較的低い、といった特性をもつことから、広く使われる殺虫剤です。一方、近年はヒトの健康、ミツバチ、生態系など環境への悪影響を懸念する声もあげられるようになりました。

日本生協連では、この農薬について調査を行い、見解をまとめました。

  1. 要約、略語、目次 (PDF 363KB)
  2. はじめに (PDF 78KB)
  3. ヒトの健康とネオニコチノイド系農薬 (PDF 1.8MB)
  4. ミツバチとネオニコチノイド系農薬 (PDF 1MB)
  5. 生態系への影響とネオニコチノイド系農薬 (PDF 1.5MB)
  6. おわりに (PDF 95KB)
  7. 〈参考資料〉ネオニコチノイド系農薬と健康影響・環境影響に関するQ&A (PDF 358KB)
  8. 〈参考資料〉ネオニコチノイド系農薬に関する一般情報 (PDF 286KB)
  9. 〈参考資料〉用語集 (PDF 205KB)

<この件のお問い合わせ先>

 日本生協連安全政策推進室  safetypolicy@jccu.coop

Copyright 日本生活協同組合連合会 ご利用にあたって 個人情報保護について