ページ内を移動するためのリンクです

日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト

日本生協連のSDGsの取り組み
3.世界から飢餓や貧困をなくし、子どもたちを支援する活動を推進します

(1)全国生協の行動宣言

私たちは、誰一人取り残さない世界をめざして、世界が抱える問題についての理解を深め、助け合いの精神を貫き、ユニセフ募金などに取り組み、世界の子どもたちを支援します。「貧困」の連鎖をなくしていくために、子どもの貧困について学び、話し合う活動を広げ、子ども食堂やフードバンク・フードドライブなどの取り組みを進めます。

貢献できるSDGsの目標

おもな目標
1 貧国をなくそう

あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる。

関連する目標
2 飢餓をゼロに
4 質の高い教育をみんなに
6 安全な水とトイレを世界中に
10 人や国の不平等をなくそう

(2)日本生協連における2020-22年度の中期方針と実行計画

<方針⑧>国際機関との連携や商品を中心にした活動を通じて、世界から貧困と飢餓をなくす取り組みを支援します

実施計画
  • 「レッドカップキャンペーン」を通じて、ミャンマーのこどもたちの学校給食支援を進めます。
  • 「スマイルスクールプロジェクト」によって、アンゴラの学校づくりと安全な水・衛生環境の提供支援を進めます。
  • ユニセフ活動交流会やスタディツアーなどを通じてユニセフへの理解促進に取り組みます。

取り組みについて詳しくはこちら

日本生協連SDGs取り組み 中期方針2020-22はこちら【PDF/1.67MB】