ページ内を移動するためのリンクです

日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト

2018年09月04日

公明党と日本生協連との懇談会を開催しました

 日本生協連は、全国の生協の社会的取り組みを主なテーマに、2018年8月29日に、公明党との懇談会を開催しました。
 公明党からは石田祝稔 政務調査会長、古屋範子 副代表、桝屋敬悟 厚生労働部会長、高木美智代 市民活動委員会委員長、佐々木さやか 消費者問題対策本部事務局次長に出席いただきました。
 日本生協連からは、本田英一 代表理事会長、和田寿昭 専務理事、笹川博子 常務執行役員、伊藤治郎 執行役員、二村睦子 組織推進本部長が出席しました。
announce_180904_02_01.jpg
懇談会の様子

 

 はじめに、石田政調会長から「生協は社会を支える大事なインフラのような存在。この間の自然災害の被災者支援に敬意を表したい。経済政策と地域社会政策の両面で強化が必要と考えている。生協の皆さんのご意見を賜りたい」とのご挨拶をいただきました。
 
 次に、日本生協連より、全国の生協の事業と社会的取り組みの概況および「平成30年(2018年)7月豪雨」の被災者支援活動について報告しました。その後、人手不足と働き方改革、福祉事業の現状と課題、労働者協同組合法などについて意見交換を行いました。