生協のヒト

谷口 水穂

入協動機

就職活動では、さまざまな経験が積める企業を探していました。最終的に生協を選んだのは、はたらく人がとても魅力的だったから。就職ガイダンスでお会いした先輩たちが、皆さん本当に親切で。「組合員のため」という理念のもと、ひたむきに仕事に向き合っている姿が印象的でした。また、産休・育休を経ても活躍されている女性が多いことも背中を後押ししてくれました。

仕事内容

入協後はさまざまな部署を経験させてもらい、2013年春からは「商品本部」に所属しています。ここでは主にコープ商品(PB)の開発・改善を行っており、私は、冷凍食品のお弁当セットを担当。メニューをゼロから企画し、各メーカーとのやり取り、製造工場への品質チェックなど、商品をリリースするまでのすべての工程に携わっています。直近では「おかずセット」を一人で企画からプロデュースしました。

一日の流れ

つながりから生まれた経験

商品を通して満足を提供したい

選ぶ楽しさを組合員さんに提供したい

商品開発にチャレンジしたいと思い始めたのは、店舗営業を担当していた頃。コープ商品というのは基本的に「宅配向け」が最もシェアが高く商品の数も多いのですが、もっと「店舗向け」の独自商品があれば、組合員さんも喜んでくれるはずと思っていました。例えばパッケージも、宅配向けは透明でシンプルなものが多いのですが、店頭に並ぶときには、カラー包材のかわいいパッケージのほうが選ぶ楽しさが生まれるのではないか。もし商品開発に携わるチャンスがもらえたら絶対に実現しようと考えていました。

商品本部でパッケージ開発に挑む

開発中の商品。彩りにも気を遣います。

商品本部は、担当商品を基本一人で対応します。既存商品もだいたい1年で大幅なリニューアルを行うので、プロジェクトの同時進行は当たり前。はじめはまったく余裕がありませんでしたね。それでも周りの先輩たちのフォローのおかげで、だんだん仕事も自分で回せるように。少し余裕が出てきた頃、思いきって会議の場で新商品の開発とカラー包材の提案してみました。反応はとても良く、メーカーの開拓から任せてもらえることに!「こういう商品をつくりたいのですが、いいメーカー知りませんか?」と周りの先輩に聞き込みをかけて、メーカーに連絡し、サンプルをつくってもらう。これを何度も繰り返す取りまとめは大変でしたが、できあがった新商品やパッケージに店舗の方も大変喜んでくださったので、挑戦して本当に良かったなと思いました。

これからも、くらしに寄り添っていく

生協の職員は多様な視点を持っている人が多いです。きっとそれはジョブローテーション(部署異動)によってさまざまな角度から、くらしを見続けてきた経験があるからだと思います。今回パッケージ開発を実現できたのも、店舗営業の経験があったからこそ。これからも、くらしに寄り添い、より良い商品を提供できるように頑張っていきたいと思います。

  • 日本生協連とは