ページ内を移動するためのリンクです

日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト

2016年07月01日

電力・ガス取引監視等委員会に「電力の小売営業に関する指針」(改定案)に対する意見を提出しました

 電力・ガス市場における健全な競争を促すために、経済産業大臣直属の組織として設立された「電力・ガス取引監視等委員会」は、「電力の小売営業に関する指針」(改定案)に対する意見を募集しています。日本生協連は、これに対する意見を2016年6月30日に提出しました。

 

 電力小売自由化について日本生協連は「消費者の選択」の視点から積極的に支持し、これまでも制度設計に関する意見を表明してきました。そうした立場から、今回の改定項目自体は一歩改善と評価できるものですが、更に前進を期待したい点も残ることから、以下の2項目について意見を提出しました。

 

1.電源構成等の表示を義務づけること

2.電力1kwh あたりの放射性廃棄物の発生量の表示を「望ましい行為」に追加すること