ページ内を移動するためのリンクです

日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト

2016年05月31日

熊本県生協連が消費者支援功労者表彰の内閣総理大臣表彰を受けました

 消費者庁では、消費者支援活動に極めて顕著な功績があった個人または団体・グループの功績をたたえ、消費者利益の擁護・増進のために、毎年「消費者支援功労者表彰」を実施しています。消費者支援功労者表彰は、内閣総理大臣表彰、内閣府特命担当大臣表彰、ベスト消費者サポーター章の3つからなる表彰です。

 今年度の内閣総理大臣表彰に、食の安全や環境問題などの組合員向けおよび会員生協の役職員向け研修会や、リサイクル運動に取り組んでいる熊本県生活協同組合連合会が表彰されました。
 
 また、内閣府特命担当大臣表彰には、富山県生活協同組合連合会と、岡山県生活協同組合連合会などが支援する特定非営利活動法人消費者ネットおかやまが表彰されました。
 
 表彰式は、2016年5月30日、総理大臣官邸で行われ、同日午後から、消費者庁による消費者月間シンポジウムが開催されました。
 

(右より)熊本県生協連 吉永会長理事、板東消費者庁長官、日本生協連 和田専務
(右より)熊本県生協連 吉永会長理事、板東消費者庁長官、日本生協連 和田専務
(右より)富山県生協連 清水会長理事と日本生協連 和田専務
(右より)富山県生協連 清水会長理事と日本生協連 和田専務

 また、ベスト消費者サポーター章を、長野県生活協同組合連合会が受章しました。

内閣総理大臣表彰

  • 熊本県生活協同組合連合会
    • 食の安全や環境問題など幅広いテーマの組合員および役職員向け研修会を開催し、県民人口の約2割を占める組合員の知識向上に寄与。
    • 地球温暖化防止やリサイクル運動に取り組み、約36万人いる組合員のマイバック持参率は90%と環境問題に関する県民意識の向上に貢献。

内閣府特命担当大臣表彰

  • 富山県生活協同組合連合会
    • 他団体と協力し、消費者被害、特に高齢者被害の未然防止や地域包括ケアシステムの構築に尽力。
    • 「富山県食品安全行政推進意見交換会」を毎年開催し、意見交換を実施。
    • 東日本大震災後に福島県の小学生の受け入れを実施。
  • 特定非営利活動法人消費者ネットおかやま
    • 相談会を開催し、事業者への要望活動や是正活動を実施。
    • 平成23年度から、岡山県が実施する「消費者被害撲滅キャンペーン」に参加。また消費者被害防止のため、講演会といった啓発事業を実施。
    • 平成24年度から、「消費生活サポーター講座」事業を岡山県から受託し、消費生活サポーターの養成に貢献。
    • 各種消費者問題について、パブリックコメント手続きなどを通じて積極的に意見を表明。平成27年、適格消費者団体に認定。

ベスト消費者サポーター章

  • 長野県生活協同組合連合会
    • 自然環境保護と温暖化防止のため、レジ袋削減の運動に参加。
    • 長野県消費者被害防止対策推進会議のメンバーとして、学習会などを開催。
    • 地産地消のため、県内の大学で食育ランチを実施。
    • 東日本大震災で被災した小学生を招くプロジェクトを実施。