ページ内を移動するためのリンクです

日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト

2016年05月18日

自由民主党と日本生協連の懇談会を開催しました

 日本生協連は、全国の生協の事業概況および社会的取り組みをテーマに、2016年5月17日に、自由民主党と懇談会を開催しました。

 自由民主党からは、谷垣禎一 幹事長、山口泰明 組織運動本部長、西村明宏 組織運動本部団体総局長、比嘉奈津美 団体総局厚生関係団体委員長に出席いただきました。日本生協連からは、浅田克己 代表理事会長、和田寿昭 専務理事、青竹豊 執行役員、笹川博子 執行役員、大本隆史 総合運営本部長、伊藤治郎 渉外広報本部長が出席しました。

 谷垣幹事長より、「今回の熊本地震については比較的迅速な対応がとれていると考えている。生協が熊本地震における被災者の生活再建に力を尽くしていただけていることは、ありがたく思う。移動販売の拡充や見守り協定を広げられていることが、平常はもちろん、災害時の対応にも生きていると感じている。『一億総活躍社会』の実現に向けては地域のコミュニティの活性化が重要であり、生協は大きな力を発揮していただけるものと考えている」とのご挨拶をいただきました。
 
 日本生協連より、全国の生協の事業と社会的取り組みの概況および熊本地震の支援について報告し、こどもの貧困や奨学金の問題、介護事業での人材確保の難しさ、地域社会やコミュニティの再生に向けた努力などについて意見交換を行いました。

 
announce_160518_01_01.jpg懇談会の様子