アクションプラン5:さらなる連帯の推進と活動基盤の整備

全国の生協が力を合わせ、組合員のくらしに最も役立つ生協に発展させます。

  1. リージョナル事業連帯では、さらなる連帯の強化、機能統合を進めます。
  2. 地域に密着した民主的な運営を一層充実させながら、県域を越えた生協づくりにも挑戦します。
  3. 生協や協同組合を取り巻く法制度が、生協の組織や事業活動にふさわしく、より社会的な責任を果たし役割発揮できる法制度となるよう、働きかけます。
  4. 全国で広報活動を連携し、生協のビジビリティ(視認性・認知度)を向上させます。さまざまな事業や活動を通じて、総合的な生協ブランド形成に挑戦します。
  5. 全国の生協の力を合わせ、組合員のくらしに最も役立つ共同事業を推進します。
  6. 日本生協連は、事業種類毎の生協の全国連合会とともに、中央会機能の強化をはかります。

閉じる