アクションプラン4:元気な組織と健全な経営づくり

組合員が元気に参加し、職員が元気に働き、
学びあい成長する組織と、健全な経営を確立します。

  1. 多様な組合員の関心や必要性に応える組合員活動と誰もが参加したくなる仕組みをつくり、組合員活動への参加を広げます。活動や組織の中心的な担い手の育成を進めます。
  2. 地域社会での役割発揮ができる組合員組織づくりを進めます。
  3. 生協で働く誰もが協同組合の価値を学び、雇用形態にかかわらず、組合員の願いやニーズに共感し、期待に応えられる組織風土づくりを推進します。
  4. 男女共同参画とワーク・ライフ・バランスの取り組みを進め、女性も男性も元気に働きながら、目標を持って能力発揮ができる職場を目指します。
  5. 生協全体で2020年代の担い手育成をはかります。
  6. 経常剰余率2%以上を安定的に確保し、ゆるぎない財務体質とともに、健全な事業経営を確立します。
  7. 社会に開かれた組織として信頼に応えるべく、より公正で民主的なガバナンスを構築し、コンプライアンス経営を実現しつづけます。

閉じる