アクションプラン3:世界と日本社会への貢献

平和で持続可能な社会と安心してくらせる
日本社会の実現を目指し、積極的な役割を果たします。

  1. 協同組合の価値への社会的な理解と共感を広げます。国際的な協同組合運動では、発展途上国を中心に貢献します。
  2. 平和な社会の実現に向けて、核兵器の廃絶や戦争体験を次世代に伝える活動などの取り組みを広げます。
  3. 国際協力の活動では、ユニセフを中心としながら、国連のミレニアム開発目標の実現に貢献します。
  4. 2020年に事業における温室効果ガス排出総量の30%削減(2005年比)など、低炭素・自然共生・循環型の社会実現に向けて、環境保全に取り組みます。
  5. 世界的な食料事情を見据え、日本の食料の自給力を高めていくために、食料・農業問題に取り組みます。
  6. 安心してくらせる日本社会を目指して、国への政策提言を積極的に進め、実現に向けた取り組みを進めます。

閉じる